ホーム 殖やす 備える投資信託投資信託を学ぶ

投資信託を学ぶ

投資信託とは

多くのお客さまからお預りした資金をひとつにまとめ、運用の専門家がお客さまに代わって、株式や債券などに分散投資(運用)し、お客さまにその利益を分配する商品です。

イメージ図:投資信託とは

お客さまの資金は信託銀行にて管理されますが、信託銀行は自己の財産と分けて管理いたしますので、販売会社(はましん)、投信会社、信託銀行の経営にもしものことがあっても信託財産額は全額保護されます。

投資信託の特徴

Point1 少額からはじめられる。

投資信託は少額(1万円)からでも手軽に始めることができます。例えば、株式投資を行う場合は比較的まとまった資金が必要ですが、投資信託は、多くの投資家から集めた資金をまとめて運用しますので、投資金額が1万円だったとしても、当該株式を購入したときと同様の運用効果が得られます。少額の資金でもスケールの大きな投資ができます。

Point2 運用のプロに任せられる。

運用会社には、高度な情報収集力や分析能力を備えたステラジストやエコノミスト、リサーチアナリストなどの様々な専門家や、その専門家の高度な情報やアドバイスを受けて投資の計画や実行などをするファンドマネージャーがいます。

Point3 資産分散でリスクを軽減。

投資信託を購入すると、投資家は投資信託1つに投資するだけで、世界中の株式や債券などに投資するのと同じ分散効果を得ることが可能になります。
投資信託は、リスクの大きさや収益性、値動きの異なる複数の金融商品を組み合わせて分散して運用します。例えば、株式と債券に投資する投資信託の場合、仮に株式の値段が大きく下落した場合でも、債券が値上がりしていれば損失を軽減もしくは相殺することができるのです。

Point4 お客さまの運用目的に合わせた商品を選べる。

投資信託は個人では購入しにくい国や資産も購入することができます。初めての方で、心配という方はバランスファンドを選択するのも一つの方法です。
バランスファンドとは、1つのファンドでいろいろな資産(投資対象を国内外の株式、債券、リート等)に分散して投資を行う投資信託であります。

NISAについて

1人1口座、1金融機関で開設ができる少額投資非課税口座です。
「普通分配金」と換金したときの「値上がり益」が非課税となります。

一般口座、特定口座を利用:20%→NISA利用:0% 値上がり益、分配金が非課税

NISAの特徴

投資信託:株式投資信託や上場株式などがNISAの非課税対象です。
120万円まで:年間120万円までの投資元本から生じる分配金や値上り益等が非課税になります。
10年間:非課税投資枠の取得可能期間は、2014年から2023年12月までの10年間。
最長5年:各スタート年を起点に最長5年間が非課税期間。
満20歳以上:満20歳以上の日本国籍の方などが利用できます。20歳以下の方はジュニアNISAを活用。

NISAについてはこちら

費用について

投資信託はプロに任せる費用がかかります。
費用には「お申込手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」があります。

お申込手数料・・・投資信託を購入する際にかかる費用
信託報酬・・・投資信託の運用にかかる費用
信託財産留保額・・・投資信託を信託期間の途中で換金する際の売却する費用

リスクについて

リスクは軽減する方法があります

  1. 資産分散・・・資産を1つの金融資産にまとめて投資をせず、値動きの異なる様々な資産に分散投資。
    リスクも分散し安定性が増します。
  2. 長期保有・・・市場は、短期間でみると一時的な要因により大きく変動することがあります。
    長期間みると変動リスクが小さくなる傾向があります。
  3. 時間分散・・・1回に全額投資をするのではなく、何回かに分けて投資したり、毎月一定額を積み立てるなどの方法で購入時期を分散させることにより、リスクを小さくすることができます。

さまざまなリスクについて

  • 価格変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 信用リスク
  • リート(不動産投資信託)の価格変動リスク
  • その他

詳しくはこちら

その他のリスクについて

  • 投資信託は元本および分配金が保証されている商品ではありません。
  • 投資信託は組入れられた有価証券(株式、債券)等の価格変動や発行体の信用状況の変化、金利変動、為替相場の変動などにより基準価額が下落し、投資元本割れになる可能性もあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託は預金商品および保険商品ではありません。
  • 外貨建資産が組入れられている投資信託の場合、海外証券取引所等の休日により、ご購入ご換金ができない日がございます。
  • 過去の運用実績は、将来の運用実績をお約束するものではございません。
  • 当金庫は投資信託のご購入、ご換金のお申込について取扱っております。投資信託の設定運用は、各運用会社が行います。
  • ご購入の際は必ず最新の「目論見書」をご覧下さい。目論見書は、当金庫窓口にご用意しております。

投資信託を選ぶ >

インターネットバンキング

  • はましんパーソナルWeb
  • はましんビジネスWeb
インターネットバンキングご利用の注意

インターネットサービス

  • はましん投信インターネットサービス
  • でんさいネットサービス
  • はましん外為Web

個人のお客様

  • 金利・外為相場情報
  • 手数料一覧
  • 振込手数料
  • ATM手数料・お取扱い時間のご案内
  • 店舗・ATM
  • 投資信託ファンド一覧(基準価額)
  • よくあるご質問
  • ご意見・お問い合わせ
ページの上部へ戻る
浜松信用金庫内部統制システムの基本方針 | 顧客保護等管理方針 | 利益相反管理方針 | 金融円滑化基本方針 | 反社会的勢力に対する基本方針 | 環境経営方針
金融商品に係る勧誘方針 | お客さま本位の業務運営にかかる基本方針 | 保険募集指針 | 当金庫における苦情処理措置・紛争解決措置等の概要 | 預金保険制度について
プライバシーポリシー | 浜松信用金庫ソーシャルメディアポリシー | 浜松信用金庫ソーシャルメディア利用規約 | このサイトのご利用にあたって
浜松信用金庫