ホーム浜松信用金庫ソーシャルメディアポリシー

浜松信用金庫ソーシャルメディアポリシー

背景

スマートフォンの普及に伴い、ツイッターやフェイスブックなどソーシャルメディアの利用が拡大しており、情報発信が手軽になった反面、誤解を招く表現などで書き込んだ本人だけでなく勤務先にまで風評被害を及ぼす事例もあります。

浜松信用金庫およびはましんグループ各社(以下総称して、「当金庫」という。)においても、職員がソーシャルメディアを利用する際のガイドラインとなる「ソーシャルメディアポリシー」を策定いたしました。

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、インターネットやウェブ技術を使い、不特定多数のユーザーがコミュニケーションを行うことを可能とするメディアを言います。

ソーシャルメディア利用にあたっての基本原則

1.対象

所属する組織や雇用の形態にかかわらず、全ての当金庫役職員は、以下に定める内容を遵守します。

2.個人の発言でなく組織の発言となること

  1. ソーシャルメディアを利用する際は、当金庫役職員としての自覚を持ち、金庫名を明らかにする、しないに関わらず、読者に誤解を与えないような記載にします。
  2. 個人の意見や見解が、当金庫の公式情報と誤解されやすい表現での発信は行いません。

3.法令および金庫内規定の遵守

各種法令、庫内規定を遵守し、知的財産権等他社の権利を侵害しません。

4.誠実性の配慮

  1. 自分が掲載した内容に責任を持ちます。
  2. 掲載内容は不特定多数の読者に閲覧されることを理解し、読者にはさまざまな考え方があることを尊重します。
  3. 冷静さを欠き、感情的なコミュニケーションは無用な議論やさらなる誤解を与える可能性が高く、より事態を深刻化させるリスクがあることを留意します。
  4. 情報発信を行う際は、投稿の対象となった方の権利および読者の意見を尊重します。
  5. 公序良俗に反した発言はしません。

5.機密性の配慮

  1. 金庫およびステークホルダーの個人情報および重要情報を発信しません。
  2. 業務上知り得た情報で未公開情報を発信しません。

6.WEB情報の削除不能の理解

インターネット上に一度公開した情報は、完全に削除できないため、長期間公開されることを理解したうえで投稿します。

7.拡散スピードが速いことの理解

インターネット上に掲載された情報は複写・引用が容易で、他の媒体にもすぐ拡散していくことを理解したうえで投稿いたします。

平成25年 5月29日
以上

インターネットバンキング

  • はましんパーソナルWeb
  • はましんビジネスWeb
インターネットバンキングご利用の注意

インターネットサービス

  • はましん投信インターネットサービス
  • でんさいネットサービス
  • はましん外為Web
  • 金利・外為相場情報
  • 手数料一覧
  • 振込手数料
  • ATM手数料・お取扱い時間のご案内
  • 店舗・ATM
  • 投資信託ファンド一覧(基準価額)
  • よくあるご質問
  • ご意見・お問い合わせ
ページの上部へ戻る
浜松信用金庫内部統制システムの基本方針 | 顧客保護等管理方針 | 利益相反管理方針 | 金融円滑化基本方針 | 反社会的勢力に対する基本方針 | 環境経営方針
金融商品に係る勧誘方針 | 保険募集指針 | 当金庫における苦情処理措置・紛争解決措置等の概要 | 預金保険制度について | プライバシーポリシー
浜松信用金庫ソーシャルメディアポリシー | 浜松信用金庫ソーシャルメディア利用規約 | このサイトのご利用にあたって
浜松信用金庫