ホームお客さま本位の業務運営にかかる基本方針

お客さま本位の業務運営にかかる基本方針

浜松信用金庫ライフサポート宣言
~お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)方針~

浜松信用金庫は、当金庫基本理念に基づき、「お客さまそれぞれのライフステージ・ライフプラン・環境・信条などにあわせて、相互に最善と考える商品・サービスを提供すること」を宣言し、その推進状況を定期的にお知らせしてまいります。

商品・サービスのラインアップの整備

お客さまに最善の利益を提供するための商品・サービスを、特定の商品分野や特定の提供会社にとらわれることなく充実させてまいります。ただし、単に商品・サービス数を増やすのではなく、当金庫の提供能力にあわせ、かつニーズに対して過不足なく整備をしてまいります。

【定期的にお知らせする事項】
商品・サービスの整備状況(投資信託・保険商品ラインアップ)

提供する商品・サービスのわかりやすさを追求

商品・サービスの利用によりお客さまが受けるメリットとデメリット、将来にわたるリスク、当金庫のアフターフォロー体制、対価である手数料の根拠等について、お客さまから見たわかりやすさにこだわり、説明態勢・パンフレット・ホームページ等に一層の工夫を図ってまいります。

【定期的にお知らせする事項】
パンフレット・ホームページ等の改善状況

コンサルティング人材の充実

当金庫では、個人のお客さまの課題解決にあたるスタッフとして「ライフサポーター」を設置しています。今後も「ライフサポーター」を充実させるとともに、他の営業店職員との連携力を磨き、かつ本部バックアップ体制も充実させながら、当金庫とお取引いただいている多くのお客さまに最善の利益が提供できるよう努めます。
※ライフサポーターとは、お客さまから直接お話をうかがうことで、決済サービス、資産形成、資産運用、資産承継、ローン等の商品・サービスをもって、お客さまへ最善の利益を提供することを旨とする職員で、定期的な研修を通じて資質向上に努めております。

【定期的にお知らせする事項】
ライフサポーター数、ファイナンシャルプランナー資格の取得者数(延べ人数)

金融にかかる情報提供の充実

学生世代等を対象とした「金融教室」、子育て世代を対象とした「はままつママゼミ」、地域のお客さまを対象とした「はましんくらしのセミナー」のほか、店頭や職場でのセミナーなどを通じて、ライフプランづくりのお手伝いや金融にかかる情報提供を積極的におこなってまいります。

【定期的にお知らせする事項】
各お客様向けセミナーの開催回数と参加者数

お客さま本位の目標管理

当金庫は従来、「商品別目標」を設定し、その達成状況を店舗評価・人事評価の主軸としてまいりましたが、それが基本理念である「お客様第一主義」と乖離しつつあるのではないかとの危機感から、平成28年度より目標管理方法を刷新し「商品別目標」を全廃いたしました。
かわって、お客さまへ最善の利益を提供するためのプロセスを重視し、お客さまとの生涯にわたるお取引を充実させるとともに、当金庫とお取引いただけるお客さまを増やしていくことを主軸とした店舗評価・人事評価に変更いたしました。今後も、この目標管理制度を継続・発展させてまいります。

【定期的にお知らせする事項】
預かり資産保有個人顧客数、預かり資産残高、NISA口座契約者数(稼働率)、投資信託販売状況(販売上位5銘柄)

平成29年11月1日

「浜松信用金庫ライフサポート宣言」進捗状況(PDF:240KB)

インターネットバンキング

  • はましんパーソナルWeb
  • はましんビジネスWeb
インターネットバンキングご利用の注意

インターネットサービス

  • はましん投信インターネットサービス
  • でんさいネットサービス
  • はましん外為Web
  • 金利・外為相場情報
  • 手数料一覧
  • 振込手数料
  • ATM手数料・お取扱い時間のご案内
  • 店舗・ATM
  • 投資信託ファンド一覧(基準価額)
  • よくあるご質問
  • ご意見・お問い合わせ
ページの上部へ戻る
浜松信用金庫内部統制システムの基本方針 | 顧客保護等管理方針 | 利益相反管理方針 | 金融円滑化基本方針 | 反社会的勢力に対する基本方針 | 環境経営方針
金融商品に係る勧誘方針 | お客さま本位の業務運営にかかる基本方針 | 保険募集指針 | 当金庫における苦情処理措置・紛争解決措置等の概要 | 預金保険制度について
プライバシーポリシー | 浜松信用金庫ソーシャルメディアポリシー | 浜松信用金庫ソーシャルメディア利用規約 | このサイトのご利用にあたって
浜松信用金庫