ホームはましんについて地域密着型金融の推進

地域密着型金融の推進

地域密着金融について

地域密着型金融とは・・・

金融機関がお客様との間で親密な関係を長く維持することにより、お客様に関する情報を金融機関が蓄積し、この情報を基に貸出等の金融サービスの提供を行うことで展開するビジネスモデルと位置付けられています。
金融機関とお客様との長期的な取引関係により得られた情報を基に、お客様との直接的な「face to face」でのやりとり等を通じて、お客様の経営内容を適時・適切に把握し経営改善に取り組むとともに、お客様への金融サービスのご提供を強化・充実させることにより金融機関自身の収益の向上を図ることで、地域やお客様と金融機関がともに発展・繁栄していくことを目指しています。

平成29年度「地域密着金融推進計画」の実績

「地域密着型金融推進計画」の昨年度の実績についてご報告いたします。
平成29年度 はましん地域密着型金融推進計画実績(PDF : 492KB)

平成30年度 浜松信用金庫 地域密着型金融推進計画

浜松信用金庫は、平成30年度の地域密着型金融推進計画の重点課題を、

  1. 「事業者のお客様へのコンサルティング機能の発揮」
  2. 「地域の面的再生への積極的な参画」
  3. 「お客様、地域の皆様への積極的な情報発信・意見収集」
  4. 「企業の社会的責任(CSR)に根ざした経営」

の4点とし、中長期的な視点に立って、当金庫全体で継続的に推進してまいります。

1.「事業者のお客様へのコンサルティング機能の発揮」

経営者自身が自社の経営の目標や課題を明確に見定め、これを企業自らが実現・解決していくために、各ライフステージに応じたサポート機能、コンサルティング機能を充実してまいります。

2.「地域の面的再生への積極的な参画」

成長分野・新産業の育成や、産業集積による高付加価値化、農業・工業・商業間の相互連携など、地域経済の課題や発展可能性等を分析・把握するとともに、地域の面的再生に向けた取組みに対し、積極的な役割を果たしてまいります。

3.「お客様、地域の皆様への積極的な情報発信・意見収集」

当金庫の経営情報や地域密着型金融の取組み等に関して、具体的な内容や目標、その成果をお客様、地域の皆様に積極的に情報発信いたします。また、総代・会員をはじめ広くお客様・地域の皆様からご意見・ご要望をお伺いし、頂いたご意見・ご要望を経営に迅速に反映してまいります。

4.「企業の社会的責任(CSR)に根ざした経営」

地域に根ざして事業活動を行う主体として、地域とともに歩み、「地域社会の発展・繁栄」という使命を全うし、企業としての社会的責任を果たしていくため、経済的な側面だけでなく、地域社会や環境への配慮、次世代育成などの貢献活動にも努めてまいります。

具体的施策

1.「事業者のお客様へのコンサルティング機能の発揮」

(1)事業者のお客様のライフステージに応じたコンサルティング
①創業・新事業支援
  • 「はましん創業スクール」開催による創業希望者への支援並びに過去創業スクールの卒業生へのフォローアップを実施
  • 他の創業支援機関との合同事業開催
  • 「はましんチャレンジゲート」(ビジネスコンテスト)開催を通じた、創業・新事業展開企業への総合的サポートを実施

②成長段階における支援

  • 「第12回ビジネスマッチングフェア in Hamamatsu 2018」の主催(浜松商工会議所、磐田信用金庫、遠州信用金庫と共催)
  • 「第11回三遠南信(9信金)しんきんサミット」等の他地域および広域信金等と連携した各種マッチング事業への参画
  • 「ビジネスマッチングはままつ」(マッチング名鑑)等を活用した通年マッチング推進
  • 海外事業展開のステージ毎に総合的な支援実施
  • 浜松市との連携によるバンコクものづくり商談会サポート
  • 海外販路開拓の支援態勢構築

③経営相談・経営改善支援

  • 事業性評価により把握された経営課題を解決するための対話を通じた、経営改善及び課題解決の支援
④事業再生支援
  • 営業店と本部が連携した事業再生支援
  • 外部専門家、外部専門機関(静岡県中小企業再生支援協議会、地域経済活性化支援機構等)と連携した事業再生支援

⑤事業承継支援

  • 事業承継支援件数 200件
  • M&A成約件数   8件

(2)事業者のお客様への円滑な資金供給

①積極的な金融円滑化対応
  • 事業性評価に基づく経営目標や課題に応じた最適なソリューションの提案と実行および進捗管理
  • 事業性評価に基づく経営実態や特性を踏まえたきめ細かで円滑な資金供給や貸付条件変更
  • 「経営者保証に関するガイドライン」を遵守し、担保・保証に必要以上に依存しない事業価値や成長可能性を適切に評価する融資手法の徹底

(3)各種コンサルティング機能を発揮するための取組み

①職員の人材育成
  • はましんスピリットを体現する「はましん営業プロセス」を構築
  • コンサルティング機能強化を目的とした各業種・業態の理解、財務分析・企業診断能力および事業再生提案力の向上
  • 個人のお客様の資産運用・資産形成の相談および住宅ローンを中心としたローンアドバイザー等の能力向上
  • 高度な金融相談や海外進出支援相談等に対応するためのスペシャリスト養成

2.「地域の面的再生への積極的な参画」

①地域的・広域的な経済活性化策の推進
  • 浜松地域へのベンチャー企業集積推進
  • 産学官金連携による当地域へのUIJターン支援 
  • 建材・製材・林業の活性化に向けたFSC・CLT利活用協議会の推進
  • シリコンバレーへの派遣職員との連携、プロジェクトの充実

3.「お客様、地域の皆様への積極的な情報発信・意見収集」

①お客様のご意見を反映させた経営
  • 総代会、懇親会を通じ、総代の皆様からの意見収集を実施
  • ご意見カード、フリーダイアル、インターネット、お客様へのアンケート等を通じ広くお客様からの意見・要望を取り入れ経営に反映させていく

 

②情報開示の充実・強化
  • 各種ディスクロージャーの発刊
  • 各ディスクロージャー誌を当金庫ホームページ上で一般に公開

4.「企業の社会的責任(CSR)に根ざした経営」

①地域の青少年・社会人等への金融教育
  • 金庫職員の出前講座による金融教育の実施
②環境問題、エネルギー消費量削減への取組み
  • クールビズの実施
  • 環境配慮型店舗への建替推進
  • 空調設備機器等の計画的な更新と各種節電計画の実施

 

ページの上部へ戻る
浜松信用金庫内部統制システムの基本方針 | 顧客保護等管理方針 | 利益相反管理方針 | 金融円滑化基本方針 | 反社会的勢力に対する基本方針 | 環境経営方針 | 金融商品に係る勧誘方針
お客さま本位の業務運営にかかる基本方針 | 電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針 | 信用金庫電子決済等代行業者等に求める事項の基準 | 保険募集指針
当金庫における苦情処理措置・紛争解決措置等の概要 | 預金保険制度について | 休眠預金等のお取り扱いについて | プライバシーポリシー | 浜松信用金庫ソーシャルメディアポリシー
浜松信用金庫ソーシャルメディア利用規約 | このサイトのご利用にあたって
浜松信用金庫